紺紙銀字妙法蓮華経 こんしぎんじみょうほうれんげきょう

その他の画像全7枚中7枚表示

その他   / 日本  九州  佐賀県 

壬申の年/1332年
紺紙銀字 折本装
(表紙)竪31.5cm 横10.4cm (本紙)一紙長65.4cm 罫高19.5cm 罫間1.8cm
8帖
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会
佐賀県指定重要文化財

表紙には金銀泥で宝相華唐草文を、見返し絵は金泥で巻第一に釈迦説法図、巻第二〜巻第七には多層宝塔図、巻第八には菩薩半跏像を描いており、バラエティーに富んだ場面構成となっている。巻第八の奥書に道人玄哲らの発願により、壬申の年(1332年または1392年)に書写されたことが記されているが、見返し絵の作風などから高麗時代の忠粛王(ちゅうしゅくおう)復位元年(1332)と推定されている。また同巻裏書には金字法華経と同様の内容が記され、龍泰寺に納められた金字法華経に対し、銀字法華経は妙安尼が自ら開基した妙安寺に奉納している。その後、同寺の零落により、寛文3年(1663)12月に枝吉利左衛門順之が再納している。

作品所在地の地図

関連リンク

紺紙銀字妙法蓮華経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺紙金字妙法蓮華経
妙法蓮華経巻第五
紺紙金銀字千手千眼陀羅尼経 附 経箱 1合
紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
仏説大安般守意経(神護寺経)
ページトップへ