大唐西域記 だいとうさいいきき

その他の画像全29枚中16枚表示

 / 平安 

平安時代・12世紀
紺紙金銀交書
12巻
重要文化財

『大唐西域記』は、玄奘三蔵の西域見聞録で、全12巻からなる。当館本は、もと中尊寺に伝来した一切経中の経巻で、12巻を完存。表紙には宝相華(ほうそうげ)文、見返しには釈迦説法図が金銀泥にて華麗に描かれ、経文は紺紙銀界中に金銀交書で書写されている。

作品所在地の地図

関連リンク

大唐西域記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若経 巻第四百六十(中尊寺経)
紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
大般若経 巻第三百四十五(神護寺経)
紺紙金銀交書  大般若波羅蜜多経 巻第二百十三  初分難信解品
妙法蓮華経巻第五
ページトップへ