妙法蓮華経巻第五 ミョウホウレンゲキョウカンダイ5

その他の画像全3枚中3枚表示

 

縦:26cm 全長:930cm
1巻
重要美術品

紺紙に金字で端整に書写した『法華経』巻第五。見返しには金銀泥で、「提婆達多品」の経意絵を描く。中央に釈迦仏と菩薩および四衆が、左下には仙人が、右下には仏に宝珠を奉らんとする龍女(龍女成仏の説)が、描かれる。表紙にも金銀泥で宝相華唐草文が描かれており、見返し絵を有する紺紙の写経の中でも優品の一つに挙げられよう。

作品所在地の地図

関連リンク

妙法蓮華経巻第五チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺紙銀字妙法蓮華経
大般若経 巻第三百四十五(神護寺経)
紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
仏説大安般守意経(神護寺経)
法華経 八巻
法華経 八巻

「しんのかく」「しん女かく」(奥書)

ページトップへ