松平大和守直矩書写紺紙金泥妙法蓮華経提婆達多品 まつだいらやまとのかみなおのりしょしゃこんしきんでいみょうほうれんげきょうだいばだったぼん

その他の画像全10枚中10枚表示

江戸 / 関東 

松平大和守直矩
群馬県
江戸前期/1675年頃
紺紙金泥 折本
縦24cm  横10cm
一巻
群馬県前橋市朝日町四丁目33番13号
前橋市指定
指定年月日:20130319
孝顕寺
有形文化財(美術工芸品)

「跋文」の部分には法華経提婆達多品を奉納した理由背景が「正室駒子がこの法華経の提婆達多品 第十二の教えにより極楽において悟りを開き、成仏されることを願う」と切実に綴られている。さらに経本の巻末に直矩直筆と思われる歌が次の通り添えてある。

 花ちりし むかしのあとを 十とせに
    あまりて みつのゆめは さめけり
【添付資料】
紺紙金泥妙法蓮華経提婆達多品写真

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

松平大和守直矩書写紺紙金泥妙法蓮華経提婆達多品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松平大和守直矩筆絹本著色菊図
妙法蓮華経巻第五
花園の仏の舞
妙法蓮華経  巻第五 提婆達多品第十二
前橋領主松平大和守家の甲冑
ページトップへ