中尊寺経 ちゅうそんじきょう

歴史資料  文書・書籍 / 平安 / 日本 

平安時代後期
紺紙・金泥
縦25.5
1巻

平安時代末期に平泉を中心に奥羽を支配した奥州藤原氏の三代目、藤原秀衡(ひでひら)が中尊寺に納めた経典の一つ。藍で紺色に染めた紙に、金で大般若経という経文を写してあります。見返し部分には釈迦が説法する場面を同じく金で描き、仏の世界を華麗に表現した教典です。

作品所在地の地図

関連リンク

中尊寺経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若経 巻第四百六十(中尊寺経)
大乗悲分陀利経巻第六(中尊寺経)
紺紙金字大方等頂王経(神護寺経)
紺紙金銀交書  大般若波羅蜜多経 巻第二百十三  初分難信解品
不退転法輪経 
ページトップへ