村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱 むらなしじあおいもんちらしあおいからくさまきえじんわりばこ

その他の画像全6枚中6枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代後期
木製 漆塗 蒔絵
竪36.5cm 横30.5cm 高さ19cm
1具
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

香木をたくために細かく割るための鉈や鋸、槌や盤といった道具を、印籠蓋造二段重箱に納める。盤上には香木を割った鑿跡が残されており、実際に使用されたことが分かる。箱から小道具に至るまで、村梨子地に葵紋と葵唐草模様を金や青金の平蒔絵であらわしている。この葵紋から、10代鍋島直正の正室である盛姫(11代将軍徳川家斉女、1811−1847)、あるいは継室である筆姫(田安徳川斉正女、1830−1886)の婚礼道具の一つと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀製葵紋入加銚子・長柄銚子
黒漆塗杏葉紋散柄鏡箱
黒漆塗葵紋杏葉紋散重箱
黒漆塗雪薄竹に雀紋桜枝散蒔絵厨子棚
葵御紋付御所人形
ページトップへ