文化遺産オンライン

葵紋蒔絵香箪

作品概要

葵紋蒔絵香箪

漆工 / 江戸

江戸時代・19世紀

1基

 鉄刀木製で、正面に蝶番で片開きの扉をつけ、内に三段の引出を収める。表面には金銀高蒔絵、金の金貝で葵紋を表わし、各面の縁を金地に仕立て、青金の平蒔絵で松唐草文様を表わす。扉の裏側には高蒔絵で蓬莱山を描いている。紀州徳川家伝来。 

葵紋蒔絵香箪をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索