文化遺産オンライン

吉野山蒔絵小箪笥

よしのやままきえこだんす

作品概要

吉野山蒔絵小箪笥

よしのやままきえこだんす

漆工 / 江戸 / 明治

梶川作

江戸~明治時代・19世紀

木製漆塗

縦18.4 横30.6 高25.6

1基

銘文:金蒔銘「梶川作 英(朱漆壺印)」

引出し4段と観音開きの収納部をもうけ、扉の内にはさらに引出し4段を納めている。器表には金銀高(たか)蒔絵に金金貝(かなかい)、金切金(きりかね)などを交えて、流水に桜樹の文様を表わす。引出しの把手(とって)および箪笥の提手(さげて)には桜の花枝を象った銀製の金具をつけ、桜の意匠で統一している。

吉野山蒔絵小箪笥をもっと見る

梶川作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

梶川 / 描壺 / 蒔銘 / 裏金

関連作品

チェックした関連作品の検索