文化遺産オンライン

鉄線蒔絵提箪笥

てっせんまきえさげだんす

作品概要

鉄線蒔絵提箪笥

てっせんまきえさげだんす

漆工 / 江戸

江戸時代・17世紀

1基

 上面に提鐶(さげかん)をつけ、内に三段の引き出しを収めた箪笥。身の回りの小物や書類、筆記具を携行するためなどに使われた。表面には金の薄肉高(うすにくたか)蒔絵に金銀の金貝を交えて、鉄線の花と葉を流麗な筆致で描いている。江戸時代に入り、華美な傾向を深めてゆく蒔絵の様相を示している。(20120626_h081)

鉄線蒔絵提箪笥をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 箪笥 / / lacquer

関連作品

チェックした関連作品の検索