文化遺産オンライン

桜松蒔絵書棚

さくらまつまきえしょだな

作品概要

桜松蒔絵書棚

さくらまつまきえしょだな

漆工 / 江戸

江戸時代・18世紀

1基

 書棚は厨子棚(ずしだな)・黒棚(くろだな)を合わせたいわゆる三棚(さんたな)の中でも、最もバリエーションの多く見られる形式。表面には金の薄肉高(うすにくたか)蒔絵を主体にして桜、若松や山水文様を描くが、土坡や霞に切金を置き、桜の花は金の金貝で表わすなど、きらびやかな装飾がほどこされている。 

桜松蒔絵書棚をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 蒔絵 / lacquer / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索