菊水蒔絵文台硯箱 きくすいまきえぶんだいすずりばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1具

 表面には、金の薄肉高蒔絵を主体に金銀の金貝を交え、流水に菊を表わしている。菊の花は真上から見た形のものが最も多いが、さらに側面、裏から見たものも描く。江戸の爛熟期とよぶにふさわしい、装飾的で技巧の勝った表現である。  

作品所在地の地図

関連リンク

菊水蒔絵文台硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蔦蒔絵硯箱
若松蒔絵文台硯箱
蔦細道蒔絵文台硯箱
蔦細道蒔絵文台硯箱

田付長兵衛作

菊蒔絵硯箱
紫陽花蒔絵螺鈿硯箱
ページトップへ