Stationery stand and writing box

Details

Stationery stand and writing box

lacquer work / Meiji

Meiji period, 19th century

文台:幅64.7 奥行36.0 高12.4 硯箱:縦27.3 横25.0 高5.2

1具

文台の甲板と硯箱の表面は全体を黒漆塗とし、金銀高蒔絵を主体にして流水に若松の図を描く。随所に金切金を置くなど、豪華で装飾的な表現である。なお、この作品は、明治時代の著名な実業家で、数奇者でもあった柴庵朝吹英二(1850~1918)の旧蔵。

Related Works

Search items related to work chosen