文化遺産オンライン

水辺景蒔絵文台

ミズベケイマキエブンダイ

作品概要

水辺景蒔絵文台

ミズベケイマキエブンダイ

漆工

縦:56.5cm 横:32.1cm 高:10.6cm

1基

冴えた三ケ月の下、流水に水鳥、松樹に山々、せせらぎのみ静かに聞こえるという水辺の景を表わしている。硯箱と一対をなす伝統的な形式の文台。天板の中央部にやや間をもたせた意匠は、ここに硯箱を置くための配慮である。

水辺景蒔絵文台をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 文台 / 蒔絵 /

関連作品

チェックした関連作品の検索