秋草蒔絵硯箱 アキクサマキエスズリバコ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 

縦:24.8cm 横:23.1cm 高:4.5cm
1合

方形、隅丸、やや甲盛のある被せ蓋造の硯箱。塵居(ちりい)を設け、錫縁を廻らした格調のある構造をもつ。意匠は総体に秋草(萩・薄)を基調としている。すなわち、蓋表は水辺の土坡に萩と薄、中空に下弦の月を表わし、蓋裏には露をふくんだ萩と薄を、見込にも同意匠を普段は見られない硯の下までほどこす。また、金銅製円形水滴にも萩・薄を刻している。この硯箱は古来、「宮城野の露吹き結ぶ風のおとに、小萩がもとを思ひこそやれ」(『源氏物語』桐壺)を意匠したものと伝えられている。技法はほとんど金平蒔絵を全面に用い、月・露を銀板をもって表わしている。

作品所在地の地図

関連リンク

秋草蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊蒔絵硯箱
砧蒔絵硯箱
秋景蒔絵料紙箱
住吉蒔絵硯箱
夕顔蒔絵硯箱
ページトップへ