文化遺産オンライン

蔦蒔絵硯箱

つたまきえすずりばこ

作品概要

蔦蒔絵硯箱

つたまきえすずりばこ

漆工 / 江戸

江戸時代・18世紀

1合

金の薄肉高蒔絵を主体に銀金貝を交え、蓋表に蔦、蓋裏から懸子にかけては冬瓜を描いている。これらのモチーフは、本阿弥光悦の関与した嵯峨本などの料紙装飾にも見られる。蓋の肩や隅を丸くつくった袋形の形をとる点からも、琳派を意識した作品とみられる。

蔦蒔絵硯箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 蒔絵 / / すずり

関連作品

チェックした関連作品の検索