舟橋蒔絵硯箱〈本阿弥光悦作/〉 ふなばしまきえすずりばこ〈ほんあみこうえつさく〉

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

本阿弥光悦
東京都
桃山
山形に高く盛り上がった蓋を被せ造りにし、角を隅丸につくり、身の側面をふくらませてしまりがある。通行の硯箱より幅廣く、腰の低い器体をした硯箱である。
装飾は、蓋、身の内外…
総高12.0 蓋高9.1 蓋縦24.3 蓋横23.0
身高4.0  身縦22.6  身横21.1 (㎝)
1合
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19570618
国宝指定年月日:19670615
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

中世の意匠を伝統的に受け継いだ蒔絵作品とは異なる洗練された装飾性が見られる。この硯箱では、大胆な器形に草書体の文字を散らし書きにし、書の美しさを発揮している。下絵としての蒔絵が文字と舟橋とよく調和している。
こうした器形並びに意匠は大胆かつ斬新で、本阿弥光悦(一五五八-一六三七)の作品としてすぐれた芸術性をよく伝えている。

作品所在地の地図

関連リンク

舟橋蒔絵硯箱〈本阿弥光悦作/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

舟橋蒔絵硯箱
舟橋蒔絵硯箱

本阿弥光悦作

芦舟蒔絵硯箱
塩山蒔絵硯箱
舞楽螺鈿蒔絵硯箱
砧蒔絵硯箱
ページトップへ