文化遺産オンライン

紫陽花蒔絵螺鈿硯箱

あじさいまきえらでんすずりばこ

作品概要

紫陽花蒔絵螺鈿硯箱

あじさいまきえらでんすずりばこ

漆工 / 江戸

江戸時代・18世紀

1合

 蓋表に紫陽花の花を大きく描き込んだ硯箱。花は金の平蒔絵に厚手の貝を交え、葉は金の研出蒔絵に金の切金を置いて表す。花に使われた貝は、蒔絵の金色とあい俟って、実に洗練された装飾効果をもたらす。初夏の花にふさわしい、爽やかな雰囲気を感じさせる。

紫陽花蒔絵螺鈿硯箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 蒔絵 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索