銀製葵紋入加銚子・長柄銚子 ぎんせいあおいもんいりくわえのちょうし・ながえのちょうし

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  金工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代
銀製
(加)総高32cm (長柄)口径16cm 長50.5cm
2口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

酒を注ぐのに用いる銀製の器。魚々子地に大きく葵紋を配し、土坡に岩、松竹と鶴亀の吉祥模様と唐草模様を彫り表す。付属の箱には「正月用」との貼紙墨書がある。柄の部分の包装の様子や飾り方から当時の折形を知る好例といえる。10代藩主鍋島直正の正室である盛姫(11代将軍徳川家斉女、1811−1847)、あるいは継室である筆姫(田安徳川斉正女、1830−1886)の婚礼道具の一つと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

銀製葵紋入加銚子・長柄銚子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱
葵御紋付御所人形
近江八景和歌書
桜田御屋鋪指図
銀製雛道具
ページトップへ