Aoigomontsukigoshoningyo

葵御紋付御所人形

Details

Aoigomontsukigoshoningyo

葵御紋付御所人形

木像 / 工芸品 / 染織 / 江戸 / 日本 / 九州 / 佐賀県

京都製

江戸時代後期

桐材 胡粉塗 ガラス目

高17.7cm

1体

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

この御所人形は、10代鍋島直正の正室である盛姫(11代将軍徳川家斉女、1811−1847)、あるいは継室である筆姫(田安徳川斉正女、1830−1886)がお持ちになったもの。紋縮緬地に松や桜、藤や芦、飛び交う燕を刺繍であらわし、金糸で流水と霞を刺繍した華やかな小袖を身にまとい、その両胸には金糸で葵の御紋がほどこされている。ガラスがはめ込まれたつぶらな瞳、豊かに張った頬やキリリと小さく結んだ口など、明るく優しげな表情がみどころ。御所人形の頭でガラス目は珍しく、幕末、目にガラスも入れるようになった時期の早い例といえる。

Search by Aoigomontsukigoshoningyo

Search by 京都製

Search by 徴古館

Keywords

三つ葉 / 模様 / / Edo

Related Works

Search items related to work chosen