花車曳き人形 はなぐるまひきにんぎょう

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  染織 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

明治40年
桐材 胡粉塗  
高32.3cm
1躯
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

牡丹や枝垂れ桜を飾った花車を曳く御所人形。御所人形とは頭が大きく体の丸々とした幼児の人形で、木彫や練物などで素地をつくり、膠をまぜた胡粉を何度も塗り重ね磨いて仕上げる。これは11代鍋島直大・栄子夫妻が明治40年(1907)に新調した8体の人形のうちの一つで、ふくよかな体躯と白く輝く地肌、利かん気な表情が魅力的な御所人形である。

作品所在地の地図

関連リンク

花車曳き人形チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雛段飾り(鍋島栄子所用)
花車引人形
葵御紋付御所人形
次郎左衛門雛
左大臣・右大臣人形
ページトップへ