牙首人形 げくびにんぎょう

工芸  染織  その他 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

幕末
象牙製 
高2.4cm~5.2cm
5体
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

象牙で人形の頭や手足をつくり衣装を着せつけた、高さわずか2~5㎝の小さな人形。それぞれに表情や髪型が異なり、縮緬地や縞模様など小さく仕立てた着物を身につける。極小の銀製雛道具とともに伝来した。所用者は明治31(1898)年に旧福岡藩主黒田家から12代鍋島直映へ嫁いだ禎子夫人。

作品所在地の地図

関連リンク

牙首人形チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雛段飾り(鍋島栄子所用)
銀製雛道具
雛段飾り(鍋島紀久子所用)
左大臣・右大臣人形
次郎左衛門雛
ページトップへ