有職雛 ゆうそくびな

その他の画像全7枚中7枚表示

木像  工芸  染織 / 日本  九州  佐賀県 

明治時代末〜大正時代初頭
(男雛)高 41.5cm (女雛)高 27cm
1対
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

13代鍋島直泰夫人紀久子の雛人形は明治44年の誕生以降、大正時代の初めにかけて揃えられた。いずれも京都の老舗人形店、丸平大木人形店の作。丸平大木人形店は安永年間の創業で、近代以降は皇室関係の御用を受けている。有職雛とは実際の公家の装束を忠実に写したもので、江戸時代中期以降、上層階級が人形師に特注で作らせた。おもに公家社会や大名家で飾られ、近代以降も上層階級に好まれた。この有職雛は、品格の高い相貌をしており、男雛は黒袍に紫袴の束帯姿、女雛が白地小袖に緋袴、紅地袿をつけた袿袴姿。女雛の袿にある向かい鸚鵡紋は皇后のみが身に付ける模様である。

作品所在地の地図

関連リンク

有職雛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

有職雛(直衣姿)
雛段飾り(鍋島紀久子所用)
次郎左衛門雛
次郎左衛門雛
賀茂人形 内裏雛
ページトップへ