Gonimbayashi(gagaku)

五人囃子(雅楽)

Details

Gonimbayashi(gagaku)

五人囃子(雅楽)

工芸品 / 染織 / 明治 / 大正 / 日本 / 九州 / 佐賀県

大木平蔵

おおきへいぞう

明治時代末~大正時代初頭/20世紀

 

高18cm

1組

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

3月3日に雛人形・雛道具を5~7段の雛段に飾って楽しむ現在のようなスタイルが確立するのは、わずか200年ほど前のこと。三人官女や随身、五人囃子など、内裏雛以外の人形は江戸時代後期になってようやく登場した。京都発祥の人形が大半を占めるなかで、五人囃子は江戸の地で生まれ、江戸っ子に好まれた人形という。写真の五人囃子は、現在よく目にする太鼓・大鼓・小鼓・笛・謡の順でお囃子を奏でる能楽の人形とは異なり、横笛、篳篥、笙、火焔太鼓、羯鼓を演奏する雅楽の人形。上品な顔立ちをした少年の姿で、中央の楽師はプクッと頬をふくらませて笙を吹き、横笛を手にした左の楽師はにこやかに微笑んでおり、それぞれに異なる容姿をしている。この人形の持ち主は、13代鍋島直泰夫人紀久子。朝香宮鳩彦王の第一王女で、明治天皇の孫にあたる。

Search by Gonimbayashi(gagaku)

Search by 大木平蔵

Search by 徴古館

Keywords

人形 / Edo / Textiles / 染織

Related Works

Search items related to work chosen