五人囃子(雅楽) ごにんばやし(ががく)

その他の画像全5枚中5枚表示

染織 / 明治 

渡辺玉翁
明治時代
高さ 13cm
1揃
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

十二支をあしらった装束を身にまとい、細やかに作り込まれた表情と、生き生きとした仕草で雅楽を奏でる五人囃子。収納箱に「東光斎 玉翁」という紙片が貼られていることから、雛市で賑わったことで知られる日本橋十軒店(じゅっけんだな)にあった渡辺玉翁の店で作られたものとわかる。明治20~30年代に撮影された侯爵鍋島家(旧佐賀藩主家)の雛壇飾りの古写真に確認されるため、廣橋家より11代侯爵鍋島直大公に嫁いだ栄子(ながこ)所用ものと推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

五人囃子(雅楽)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

五人囃子(雅楽)
雛段飾り(鍋島栄子所用)
雛段飾り(鍋島紀久子所用)
鍋島直大御一家
鍋島直大御一家

丸木利陽

徴古館開館式式辞
ページトップへ