梨子地松竹梅鶴亀蒔絵碁盤 碁笥添 なしじしょうちくばいつるかめまき えごばん ごけそえ

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代中期/18世紀
木製 漆塗 蒔絵 
竪45cm 横40.2cm 高24.5cm
1組
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

碁盤は将棋盤、双六盤とあわせて三面盤といい、婚礼調度に欠かせない遊戯具である。榧の木の一材の木口に端喰を組み、底の中央に響孔を開け、四隅に梔の実を象った脚を止める。側面は濃梨子地とし、池に波、土坡に鶴亀・橘に松竹梅といった、婚礼にふさわしいおめでた尽くしの吉祥模様があらわされる。所用者不明ながら、空間の各所に丸に違鷹羽紋が散らされることから、この紋を用いる大名家にゆかりの調度であろう。同意匠の碁笥が付属する。

作品所在地の地図

関連リンク

梨子地松竹梅鶴亀蒔絵碁盤 碁笥添チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梨子地九曜紋散松橘山水蒔絵手箱
梨子地九曜紋散松橘蒔絵大角赤手箱
村梨子地杏葉紋揚羽蝶紋散鼻紙台
竹菱葵紋散蒔絵碁盤・双六盤・将棋盤
村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱
ページトップへ