銀夕顔形水注 ぎんゆうがおがたすいちゅう

金工 / 江戸 

江戸時代
銀製
高さ10.0cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

水注は文房具の一種で、硯に注ぐ水を入れておくもの。銀製の水注で、箱書と御道具帳には「水入」と記される。把手は籐巻とし、注口は細く湾曲する。蓋は夕顔の葉を、胴全体はどっしりとした夕顔の実を象っている。
日本では器に二つの水穴を設けた水滴を筆や硯と共に硯箱に収めて用いるのが主流であり、本作は日本製であるが、文机に置き、あるいは書院飾りとする唐物のあり方に則ったものであろう。10代佐賀藩主鍋島直正が弘化3年(1846)、佐賀城下郊外に設けた別邸の神野御茶屋で用いた御道具のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

銀夕顔形水注チェックした作品をもとに関連する作品を探す

焼締糸目結形水指
青磁罅焼茶巾盥
唐銅取手龍鳳覆雲透鈕有香炉
枇杷色唐銅尻張形水次
山水人物彫竹筆立
ページトップへ