黒漆塗布袋唐子螺鈿網代香合 くろうるしぬりほていからこらでんあじろこうごう

その他の画像全4枚中4枚表示

漆工 /  / 佐賀県 

清代ヵ
木胎 漆塗 螺鈿
高7.8cm 竪6.7cm 横6.7cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

中国製の三重香合。蓋表には薄い螺鈿で布袋と六人の唐子をあらわす。箱の縁は錫製で各段の側面には周囲の七宝繋文のなかに竹の網目を貼付する。佐賀藩10代藩主鍋島直正の別邸である神野御茶屋に伝来した御道具のひとつ。
江戸時代のものと見られる外箱には、「唐物青貝布袋唐子脇篭手花輪違角三重御香合台」との墨書がある。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆塗布袋唐子螺鈿網代香合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐松布袋唐子堆朱香盆
黒漆塗松ニ鹿青貝蒔絵硯箱
山水人物彫竹筆立
真塗手桶
篳篥
ページトップへ