山水人物彫竹筆立 さんすいじんぶつぼりたけふでたて

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 /  / 中国 

中国・明時代
竹製
高さ15.0cm 口径12.0cm 底径12.1cm
1基
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

筆の穂先を上にして立てておく用具。木・玉・石などを用いるが、とくに竹材を用いたものは「雕竹筆筒」と呼ばれ、明時代の万暦期頃に全盛期を迎えた。本作は竹の一節を筆筒にしたもので、口縁部と基台に紫檀をとりつける。高浮き彫りや透かし彫りを駆使し、松樹が生い茂り大岩が林立する山奥で、五人の文人と三人の唐子が碁盤を囲み、巻子を広げるさまを立体的に彫りあらわす。10代佐賀藩主鍋島直正が弘化3年(1846)、佐賀城下郊外に設けた別邸の神野御茶屋で用いた御道具のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

山水人物彫竹筆立チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐松布袋唐子堆朱香盆
黒漆塗布袋唐子螺鈿網代香合
巻絹机  大和錦張
唐銅取手龍鳳覆雲透鈕有香炉
青磁罅焼茶巾盥
ページトップへ