唐銅取手龍鳳覆雲透鈕有香炉 からかねとってりゅうほうおおいくもすかしちゅうありこうろ

金工 / 江戸 

江戸時代
銅製
高さ15.8cm 最大幅17.5cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

中国古代青銅器の簋の姿に似た香炉で、肩から胴裾にかけて龍を象った大きな耳をつけ、独楽形の鈕をつけた覆い蓋には瑞雲を透かし彫りする。胴上部は渦文を魚子打であらわし、下部には形式化した葉文や雲文を線刻であらわす。弘化3年(1846)8月、10代佐賀藩主鍋島直正の別邸として佐賀城下郊外に神野御茶屋が落成した際に、床飾りとして用いるために御道具方より借用した御道具のうちのひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

唐銅取手龍鳳覆雲透鈕有香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐松布袋唐子堆朱香盆
鍍金獅子鈕雲龍文牡丹耳香炉
銀夕顔形水注
焼締糸目結形水指
山水人物彫竹筆立
ページトップへ