薄茶雲龍緞子地麒麟模様打敷 うすちゃうんりゅうだんすじきりんもよううちしき

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 /  / 佐賀県 

中国・明時代ヵ(16~17世紀)
1枚
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

中央に愛嬌のある表情の麒麟と雲文、周囲には雲龍文をあらわす。雲文や麒麟の胸から胴にかけて見られる、各種の色糸で縫い分ける技法は中国明時代の特徴のひとつ。旧佐賀藩士家から2代佐賀藩主鍋島光茂および3代藩主鍋島綱茂の知行宛行状とともに寄贈された。

作品所在地の地図

関連リンク

薄茶雲龍緞子地麒麟模様打敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐銅取手龍鳳覆雲透鈕有香炉
勝茂公其外様短冊
勝茂公其外様短冊

初代佐賀藩主鍋島勝茂ら

鍋島綱茂知行宛行状
焼損具足
口上之覚
ページトップへ