鍋島光茂和歌 なべしまみつしげわか

2代藩主鍋島光茂歌・山本常朝筆
江戸時代中期
紙本墨書 掛幅装
縦40.5cm 横58.9cm
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

2代佐賀藩主鍋島光茂に仕えた佐賀藩士山本常朝は、元禄13年(1700)5月16日に光茂が没した翌日に出家し、その後は佐賀城下北郊の金立に隠棲した。やがてこの地に通った田代陣基が山本常朝からの聞書きをまとめて成立した武士道論が「葉隠」である。
本資料は生前に鍋島光茂が詠んだ和歌を山本常朝が書したもの。「光茂様御詠歌 身ひとつの昔の夢ぞあはれなる かたるうつつの友もなければ」

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島光茂和歌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

乍恐書置之覚
乍恐書置之覚

山本常朝

愚見集
愚見集

山本常朝

山本神右衛門重澄年譜
葉隠
葉隠

田代陣基

勝茂公其外様短冊
勝茂公其外様短冊

初代佐賀藩主鍋島勝茂ら

ページトップへ