青漆塗萌黄糸威二枚胴具足 せいしつぬりもえぎいとおどしにまいどうぐそく

その他の画像全7枚中7枚表示

江戸 / 佐賀県 

佐賀県
江戸時代初期/17世紀
鉄製 青漆塗 萌黄糸威 二枚胴
胴高 45.0cm
1領
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会
佐賀県指定重要文化財

佐賀藩歴代藩主所用の具足で現存する唯一のもの。胴裏面に金泥で記された「鎧記」から、初代鍋島勝茂が寛永14年(1637)におきた天草・島原の乱(原城の戦い)で着用したもので、寛永19年(1642)に勝茂末男の直長に与えられた「武運之瑞器」であることが分かる。以後、直長の子の茂真に始まる鍋島内記家(親類)に伝来した。具足に付属する鍋島内記家6代茂生の書付(江戸時代後期)によると、当時から「堅牢にして軽便、質朴にして花色無」い具足、との評がなされ、天保14年(1843)にこの具足を見た10代鍋島直正は「わが家が所蔵する具足と匹敵する名器だ」と述べている。奇抜さはないが、萌黄色の威糸と青漆の色が調和し、機能を最優先したと思われるいかにも実戦的な甲冑である。簡素でありながらも藩主着用にふさわしい風格がある。

作品所在地の地図

関連リンク

青漆塗萌黄糸威二枚胴具足チェックした作品をもとに関連する作品を探す

有馬記拾落
有馬記拾落

山本常朝

錆色塗紺糸威仏二枚胴具足
焼損具足
切付小札桶側胴御納戸絲縅具足
朱塗黒糸威二枚胴具足 兜、小具足付 一具
ページトップへ