錆色塗紺糸威仏二枚胴具足 さびいろぬりこんいとおどしほとけにまいどうぐそく

その他の画像全9枚中9枚表示

工芸  金工  漆工 / 安土・桃山  江戸 / 日本  九州  佐賀県 

桃山~江戸初期/16-17世紀
鉄製 漆塗
胴高42.0cm
1領
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

北茂安町の白石神社に伝わった成富兵庫茂安(1560-1634)所用の鎧。茂安は龍造寺隆信、鍋島直茂・勝茂に仕えた武将で、河川改修、溜池築造など水利治水事業の治績が現在もたたえられる。『成富家譜』によれば、天正17(1589)年に加藤清正、小西行長が天草の土豪天草伊豆守らを攻めた折、成富兵庫茂安も参戦して武功を立てたため清正から拝領し、文禄・慶長の役の時に着用した具足と伝えられる。仏胴とは、継ぎ目がなく一枚の板のようになっている胴のことで、桃山から江戸初期にかけて流行した。兜は桃形兜といい、当時の九州地方で盛んに作られた形式で、佐賀藩や福岡藩、柳河藩でも多く使われた。ただし、鹿角と蔦紋の前立ては後世のもの。

作品所在地の地図

関連リンク

錆色塗紺糸威仏二枚胴具足チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梨子地扇文蒔絵鐙
青漆塗萌黄糸威二枚胴具足
加藤清正書状
加藤清正書状

加藤清正

朱塗黒糸威二枚胴具足 兜、小具足付 一具
大蔵姓成冨家譜
ページトップへ