梨子地扇文蒔絵鐙 なしじおうぎもんまきえあぶみ

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代初期
鉄製 漆塗
竪31cm 横14.2cm 高27.5cm
1双
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

鐙は馬の鞍の付属品であり、乗馬に際しての足がかりと、騎乗中安定を保つための踏張りという二つの機能を持つ。この鐙は総体淡梨子地とし、閉じた扇とわずかに開いた扇を金・銀の平蒔絵であらわし、扇面には羊歯やススキを描く。踏み込みの内部は朱塗り。成富兵庫助茂安(1560-1634)所用との伝来を持つ。茂安は龍造寺隆信、鍋島直茂・勝茂に仕えた武将で、河川改修、溜池築造など水利治水事業の治績が現在もたたえられる。

作品所在地の地図

関連リンク

梨子地扇文蒔絵鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

錆色塗紺糸威仏二枚胴具足
梨子地矢筈蒔絵鞍・鐙
梨子地九曜紋散松橘蒔絵大角赤手箱
梨子地琵琶形香合
黒漆塗花枝円文蒔絵五段重
ページトップへ