梨子地扇面蒔絵鞍及鐙

漆工 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1具

鞍鐙は騎乗戦に欠かせない武具の一つだが、江戸時代に泰平の世が永く続くと装飾的な要素が強くなった。この鞍鐙はその最たる例で、極端に盛り上げた高(たか)蒔(まき)絵(え)で、表面を飾っている。扇面は漆に砥(と)の粉(こ)を混ぜて練った錆(さび)漆(うるし)で高上げされ、桐鳳凰や波に鶴など扇面の中の図柄はさらに高く、立体的に表現される。

作品所在地の地図

関連リンク

梨子地扇面蒔絵鞍及鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鶴亀蒔絵鞍鐙
梅枝蒔絵鞍鐙
藤蒔絵鞍鐙
桐鳳凰蒔絵鞍
菊唐草蝶蒔絵鞍鐙
ページトップへ