桐鳳凰蒔絵鞍 きりほうおうまきえくら

漆工 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1背

戦野を疾駆する武士達の必需品であった鞍も、泰平の世が続くとともに、次第に身辺を飾る道具としての性格が濃くなり、華美な装いが凝らされるようになった。これもその典型作の一つで、前輪と後輪の外側に高蒔絵に朱漆を交えて華やかに桐鳳凰を描いている。

作品所在地の地図

関連リンク

桐鳳凰蒔絵鞍チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅枝蒔絵鞍鐙
松帆掛舟蒔絵鞍鐙
菊唐草蝶蒔絵鞍鐙
鶴亀蒔絵鞍鐙
梨子地扇面蒔絵鞍及鐙
ページトップへ