Saddle and Stirrups with Plum Branches

Details

Saddle and Stirrups with Plum Branches

lacquer work / Edo

Edo period, 18th century

1具

 戦野を疾駆する武士達の必需品であった鞍も、泰平の世が続くとともに次第に身辺を飾る道具としての性格が濃くなり、華美な装いが凝らされるようになった。これもその典型的な例で、金銀の高蒔絵を用いて表面全体に梅枝が賑やかに描かれている。     

Related Works

Search items related to work chosen