芦穂蒔絵鞍鐙(鐙) あしほまきえくらあぶみ

漆工 / 安土・桃山 

安土桃山時代・16世紀
1双
重要文化財

豊臣秀吉所用と伝えられる鞍と鐙のセット。前輪(まえわ)と後輪(しずわ)には金の高(たか)蒔絵と金貝(かながい)を用いて一茎の芦穂を立体的に描き、所々に大きな銀鋲(ぎんびょう)を打って、葉に宿る露を表わす。桃山という時代にふさわしい、大胆で豪奢な装飾となっている。鞍と鐙を同じ文様・技法で統一した、蒔絵鞍鐙の代表作である。

作品所在地の地図

関連リンク

芦穂蒔絵鞍鐙(鐙)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芦穂蒔絵鞍鐙(鞍)
芦穂蒔絵鞍・鐙
松帆掛舟蒔絵鞍鐙
鶴亀蒔絵鞍鐙
藤蒔絵鞍鐙
ページトップへ