鶴亀蒔絵鞍鐙 つるかめまきえくらあぶみ

漆工 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1具

鞍は戦場を疾駆する武士の表道具と言えますが、江戸時代に泰平の世が永く続くと、次第に装飾的な要素が濃くなっていきました。この鞍もその典型を示しており、高く盛り上げた金の高蒔絵を主体に、鶴の頭にみられる朱描を交え、絢爛たる装いを凝らしています。

作品所在地の地図

関連リンク

鶴亀蒔絵鞍鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅枝蒔絵鞍鐙
松帆掛舟蒔絵鞍鐙
桐鳳凰蒔絵鞍
菊唐草蝶蒔絵鞍鐙
梨子地扇面蒔絵鞍及鐙
ページトップへ