芦穂蒔絵鞍・鐙 あしほまきえくら・あぶみ

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 関東 

東京都
桃山
1具
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19680425
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

総体に黒漆を塗った水干鞍と鐙で、鞍の前輪【まえわ】と後輪【しずわ】の表面には右爪先から左爪先にかけて高蒔絵で一茎の芦穂を大きく描き、茎と葉脈には金具をいれ、穂先は平蒔絵と金具で表わしている。また覆輪【ふくりん】は金の板金で行なっている。鐙は鳩胸が高く、肥満【えみ】の深いもので、鞍と同様に前面に芦穂の文様を描いている。黒地に金の高蒔絵・平蒔絵、金具などで大胆にして巧みな技法でつくられ、その特色が鮮やかに描かれてみごとな装飾効果をあげている豪華な桃山時代の代表作である。

作品所在地の地図

関連リンク

芦穂蒔絵鞍・鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芦穂蒔絵鞍鐙(鞍)
芦穂蒔絵鞍鐙(鐙)
芦舟蒔絵硯箱
沃懸地獅子螺鈿鞍
萩螺鈿鞍
ページトップへ