成合春日神社伝来馬具 なりあいかすがじんじゃでんらいばぐ

工芸 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 / 近畿 

③鞍打師・二代松村作之丞(法名・休閑)
大阪府
鎌倉時代後期~江戸時代/1288~1679
①-1 金銅覆輪螺鈿鞍:前輪と後輪は木製、表面は平滑仕上げ。外側は周縁を縁取りするようなかたちで素地を造りだし、金銅製の覆輪を被せる。爪先には猪の目透かし入りの金銅金具を…
①-1金銅覆輪螺鈿鞍:高31.7 長41.5 幅43.1 ①-2巴花紋螺鈿鐙:高27.5 長28.5 幅14.6 ②朱黒漆上り藤紋蒔絵軍陣鞍:高32.3 長32.5 幅…
4件5点
高槻市成合北の町1310
高槻市指定
指定年月日:20140801
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

成合春日神社伝来馬具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沃懸地獅子螺鈿鞍
芦穂蒔絵鞍・鐙
朱漆木瓜紋鞍
螺鈿時雨鞍
鋸歯文蒔絵鞍
ページトップへ