紋柄威五枚胴具足/銀箔押帽子形兜 もんがらおどしごまいどうぐそく/ぎんぱくおしもうすなりかぶと

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 安土・桃山 / 愛媛県 

(伝)久保行春所用
でんくぼぎょうしゅんしょよう
安土桃山時代〜江戸時代初期
1領
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2

滝山城(大洲市長浜町)の城主であった久保氏の子孫のもとに伝わった甲冑。鎧は、前後に州浜紋をあしらった紋柄威で、一見二枚胴のようでもあるが、実は五枚胴である。胸の部分には紋入りの小さな鋲が打たれている。兜は銀箔を施し、僧のかぶる帽子を模した帽子形兜である。文化年間の鎧櫃には、戦国末期の当主久保行春の所用と記されている。「大洲旧記」には、今坊村庄屋久保家に、州浜紋の鎧が城主の時から伝来していたという記事がみえるが、兜は別の品だとする旨を記している。

作品所在地の地図

関連リンク

紋柄威五枚胴具足/銀箔押帽子形兜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紺糸威二枚胴具足
紺糸威二枚胴具足

(伝)土居清良所用

赤糸威胸白二枚胴具足
赤糸威胸白二枚胴具足

加藤泰恒所用

紺糸威桶側二枚胴具足
紺糸威桶側二枚胴具足

加藤泰興所用

黒漆塗胸熏韋綴桶側二枚胴具足
緋色段塗二枚胴具足
緋色段塗二枚胴具足

松平定功所用

ページトップへ