五枚胴具足(韋糸威二枚胴具足、伊予札桶側菱綴胴胸取具足) ごまいどうぐそく

工芸 / 日本 

1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

香川県東部で庄屋を務めた家に伝来した具足。伊予札は、小札よりも幅広で、頭の部分に刻みを入れたもの。樋側胴は横筋が見える姿が桶に似ることから名付けられた。本甲冑は、革糸で縅されており、胸の部分が毛引縅となる段替胴となっている。兜の吹返に家紋の入った金具が留められ、前立には高松藩の合印である釘貫文が付く。兜を収める木箱の蓋裏に制作年代が墨書されている。

作品所在地の地図

関連リンク

五枚胴具足(韋糸威二枚胴具足、伊予札桶側菱綴胴胸取具足)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤糸威胸白二枚胴具足
赤糸威胸白二枚胴具足

加藤泰恒所用

紺裾濃胴丸具足一式
紺糸威桶側二枚胴具足
紺糸威桶側二枚胴具足

加藤泰興所用

切付小札桶側胴御納戸絲縅具足
紺糸威胸白鳳凰文二枚胴具足
ページトップへ