船手具足〈大洲藩加藤家伝来〉 ふなでぐそく(おおずはんかとうけでんらい)

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 江戸 / 愛媛県 

大関増業
おおぜきますなり
江戸時代
1領
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

栗色漆塗りの鱗形の革を綴じた魚鱗具足といわれる変わったタイプの鎧である。兜の裏にある「大関括嚢斎甲冑一領製」の朱銘により、大洲藩6代藩主加藤泰衑6男で黒羽藩11代藩主になった大関増業が自ら製作し、生家の加藤家に贈ったものであることが分かる。増業には煉革による鎧の製法を記した『煉革私記』の著作があるが、本資料はその試作品と考えられる。また、胴裏にはオランダからもたらされた高価な金唐革が貼られているが、このことも当時の大名のなかでオランダ趣味で有名であった増業にふさわしい。大洲藩加藤家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

船手具足〈大洲藩加藤家伝来〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雲形包畳具足
雲形包畳具足

大洲藩加藤家伝来

黒漆塗胸熏韋綴桶側二枚胴具足
薬煉入
薬煉入

大洲藩加藤家伝来

焼桐箙
焼桐箙

加藤泰堅所用

竹箙
竹箙

大洲藩加藤家伝来

ページトップへ