焼桐箙 やきぎりえびら

工芸 / 江戸 / 愛媛県 

加藤泰堅所用
かとうやすかたしょよう
江戸時代前期
高38.0cm
1腰
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

桐材の表面を焦がし、洗って木目を浮き出させた焼桐を用いた箙である。紐を通した後で房を付けるなど手の込んだ細工を施しており、遊び心も感じ取れる。左右の二面に大洲藩加藤家の家紋蛇目紋、正面の丸の中に真鍮で「泰賢」の名前がある。泰賢とは大洲藩2代藩主加藤泰興の二男泰堅のことであることから、泰堅の所用品と考えられる。大洲藩加藤家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

焼桐箙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗蛇目紋箙
黒漆塗蛇目紋箙

大洲藩加藤家伝来

竹箙
竹箙

大洲藩加藤家伝来

弓懸
弓懸

大洲藩加藤家伝来

黒漆塗胸熏韋綴桶側二枚胴具足
船手具足〈大洲藩加藤家伝来〉
ページトップへ