黒漆塗蛇目紋箙 くろうるしぬりじゃのめもんえびら

工芸 / 江戸 / 愛媛県 

大洲藩加藤家伝来
おおずはんかとうけでんらい
江戸時代
箙:高34.5cm矢:長90.5cm
1腰
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

箙は矢を入れて携行する道具である。本資料は全体を黒漆で塗り、三方に金蒔絵で大洲藩加藤家の家紋である蛇目紋を表している。鏃付の矢が5本付属している。大洲藩加藤家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆塗蛇目紋箙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗胸熏韋綴桶側二枚胴具足
竹箙
竹箙

大洲藩加藤家伝来

焼桐箙
焼桐箙

加藤泰堅所用

弓懸
弓懸

大洲藩加藤家伝来

黒漆塗鶴蒔絵鞍
黒漆塗鶴蒔絵鞍

大洲藩加藤家伝来

ページトップへ