丸龍紗綾形銀象嵌鐙 がんりょうさやがたぎんぞうがんあぶみ

工芸 / 江戸 / 愛媛県 

大洲藩加藤家伝来
おおずはんかとうけでんらい
江戸時代
高26.0cm長30.5cm巾12.5cm
1足
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

銀の象嵌で丸龍と紗綾形文を表した鐙で、大洲藩加藤家に伝来したものである。「加州住氏屋作」の銀象嵌名があり、加賀鉄鐙師の氏屋の製作であることが分かる。大洲藩加藤家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

丸龍紗綾形銀象嵌鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗蛇目紋箙
黒漆塗蛇目紋箙

大洲藩加藤家伝来

竹箙
竹箙

大洲藩加藤家伝来

薬煉入
薬煉入

大洲藩加藤家伝来

黒漆塗鶴蒔絵鞍
黒漆塗鶴蒔絵鞍

大洲藩加藤家伝来

船手具足〈大洲藩加藤家伝来〉
ページトップへ