黒漆塗鶴蒔絵鞍 くろうるしぬりつるまきえくら

工芸 / 江戸 / 愛媛県 

大洲藩加藤家伝来
おおずはんかとうけでんらい
江戸時代中期/享保6(1721)年
高27.0cm長38.5cm巾36.0cm
1背
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

全体を黒漆で塗り、前輪の中央に鶴を蒔絵で表した鞍である。享保6(1721)年に、大洲藩4代藩主加藤泰統が家臣の大野喜右衛門を取次として朝倉右京進に製作させたもので、その後明和3(1766)年6代藩主泰武の時に、木挽町狩野家6代目狩野典信の下絵をもとに伏見の河崎儀右衛門が蒔絵を施している。大洲藩加藤家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆塗鶴蒔絵鞍チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗蛇目紋箙
黒漆塗蛇目紋箙

大洲藩加藤家伝来

船手具足〈大洲藩加藤家伝来〉
黒漆塗胸熏韋綴桶側二枚胴具足
丸龍紗綾形銀象嵌鐙
丸龍紗綾形銀象嵌鐙

大洲藩加藤家伝来

焼桐箙
焼桐箙

加藤泰堅所用

ページトップへ