桜花流水文象嵌鐙 おうかりゅうすいもんぞうがんあぶみ

工芸  金工 / 江戸 / 日本 

藤原重久作 刻銘「尾州大野住藤原重久作」銀象嵌銘「尾州名古屋住盛家」「村上清左衛門尉作」
江戸時代後期
銀・真鍮象嵌 大野鐙
長28.2cm 幅14.1cm 高24.8cm
1双

尾州大野(現常滑市大野町)の鐙師藤原重久の手になった象嵌鐙は『大野鐙』あるいは『知多掛け』の名で広く知られている。重久は、「知多住」と切る場合が多いが、「大野住」ときる本作は、「知多住」とするものに続く、江戸時代後期のものと考えられている。象嵌銘にある村上青左衛門は象嵌師と考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

桜花流水文象嵌鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄錆地蝶唐花文象嵌平蒔絵鐙
鉄錆地蝶唐花文象嵌平蒔絵鐙

(銘)賀州住 政平 作

丸龍紗綾形銀象嵌鐙
丸龍紗綾形銀象嵌鐙

大洲藩加藤家伝来

鐙  
獅子文象嵌鐙
波透象嵌鐙
ページトップへ