花鳥文金銀象嵌花瓶 かちょうもんきんぎんぞうがんかびん

権利者:高岡市立博物館蔵

金工 / 明治 / 富山県 

関義平 (1857~1923)
せきぎへい
富山県高岡市
明治前期
青銅,金,銀,四分一,真鍮・鋳造,象嵌(平・高肉・布目・金着せ・蝋流し)
口径12.4cm×胴径18.0cm×高32.1cm
1
富山県高岡市古城1-5
3-03-01-19
高岡市蔵

高岡鴨島町出身の彫金師・関義平(1857~1923)作。素地は青銅鋳造に銀・赤銅・四分一・真鍮肉象嵌がなされ、文様は銀・赤銅平象嵌・金布目象嵌・金着せ・蝋流しなどの多様な技法が使われている。底面の陰刻銘「大日本/越中国高岡」から、明治前期の輸出向け作品と思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

花鳥文金銀象嵌花瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶(1対)
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶(1対)

藤林 峯親、圓中孫平(仕入)、金森宗七(製作)

獅子麒麟文金銀象嵌花瓶
獅子麒麟文金銀象嵌花瓶

制作者 :藤林 峯親
製作者 :金森 宗七
総製作者:圓中 孫平

鍛鉄地竹虎文金銀象嵌鍔
麟鳳亀龍文金銀象嵌三段盛器
麟鳳亀龍文金銀象嵌三段盛器

清光、金森宗七(推定/製作)

群蝶図花瓶
群蝶図花瓶

金沢銅器会社

ページトップへ